鍼を持った未

勵鍼誕生

 日本国、中国地方の片田舎。
 昭和という時代になって、3度目の未年が終わろうとした冬至の日に、1人の子が生まれた。
 のちに鍼に勵んでほしいという願望から、名付けた勵鍼である。

 本名は、生まれる前から付いていたらしく、爺さんが男でも女でもいいように、「朝香」と名付けたそうな。

 本人結構この名前、気に入っているのだが、瀬戸朝香が登場して以来、少し面白くなくなった。

 だって、それまで同じ字で同じ読みの人と出会ったことがなく、いつも「綺麗な名前ね(顏に似合わず)」と言われてきたのだ。

 それが今は、瀬戸朝香に持って行かれた。
[PR]
by somonasaka | 2004-11-20 18:03 | 自分史
<< 初冬の瀬戸



地に平和 祈りし人に 宿りたる 安を迎うる 心と身体                   勵 鍼               未年の男が鍼を持つ。どうなる事やら。          
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30