鍼を持った未

私の鍼もメジャー?

この連休に、妻の実家のある大阪に、行って来ました。

すぐ傍に、卒業した鍼灸学校があります。

そこの名誉理事長が、坐骨神経痛で苦しんでおられました。いつも遊びに行くと、奥様と、娘さんには鍼をするのですが、先生には恐れ多くてしたことがありませんでした。

さすがに今回は、とても辛そうだったので、私でよければと、はり灸治療をさせていただきました。

神経の図太い私でも、さすがに緊張しました。だって日本中、いや世界中に名の通った先生ですから。ドキドキ、はらはら、ワクワク、色々な気持ちが入り交じりながら治療をさせていただきました。

「お!少し楽になったよ。」と言っていただき、この言葉は絶対社交辞令ではないと、自分の宝にして帰りました。

おまけに、お年玉までいただいちゃった。
[PR]
by somonasaka | 2005-01-12 17:07 | 気まぐれ日記
<< 豆炊き 煙!けむ!ケム! >>



地に平和 祈りし人に 宿りたる 安を迎うる 心と身体                   勵 鍼               未年の男が鍼を持つ。どうなる事やら。          
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30