鍼を持った未

寒む~

夕べからやたらと、寒波寒波とテレビが伝へてくれる。

朝起きたとき、府中は、積雪2~3センチてとこだった。気温が低かったので、路面はギンギンギラギラ。

あまり雪が降らぬ所で降ると、渋滞、渋滞。お陰でいつもは、40分くらいの通勤時かが1時間30分もかかってしまいました。
b0068965_17102123.jpg

治療室に着くと、10センチの積雪。セッセと雪かきして、患者を待つ。来るわけないよ、吹雪だもの。電話が鳴った。空しいキャンセル電話。なんのために通勤してきたのだろう。雪かきしに来たのかな。その雪かきの後も、また雪が積もる。

でも、拾ってくれる神様もあるのだ。吹雪の中、二人の患者が来てくれた。感謝。感謝。

写真は、治療室裏の束の間の風景。
[PR]
by somonasaka | 2005-02-01 17:13 | 気まぐれ日記
<< だるさ 豆炊き >>



地に平和 祈りし人に 宿りたる 安を迎うる 心と身体                   勵 鍼               未年の男が鍼を持つ。どうなる事やら。          
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31