鍼を持った未

そもそも

3月16日頃から、右の歯茎が腫れ上がり、まるでお多福風邪のようになった。

どうせばい菌でも入って腫れたのだろう。排膿すれば終わり。と考え、合谷へ多壮灸5~60壮すえた。次きの日も。

今回のやつは手強く、熱がでた。38度以上だと思う。我が家は、体温計を持たず、脈で予想をつけている。

その時、左目が、コロコロとしたのを覚えている。

熱がでた次の日に、ドバーと排膿して、歯茎は、少し芯を残しスッキリ。

目の腫れと後頭側頭部の疼痛は残っていた。

お彼岸の連休に、息子の荷物を持って大阪へ。
[PR]
by somonasaka | 2005-04-24 15:09
<< 大阪 ぶどう膜炎 >>



地に平和 祈りし人に 宿りたる 安を迎うる 心と身体                   勵 鍼               未年の男が鍼を持つ。どうなる事やら。          
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31