鍼を持った未

春の心臓病

4月になりました。
鍼灸師会の福山の総会続いて、県の総会と花見どころではありません。

2月より続いていた不整脈、心窩部圧迫感、息苦しさ。
これって心筋梗塞?狭心症?
どちらにしても、虚血性心疾患?(^_^;)

しかし、福山の総会後、お酒飲んでカラオケ歌って、好きなこと言ってたら、次の日から殆ど症状でなくなった。

心因性心疾患?心臓神経症?

どちらにしても、節分過ぎて陽気が、腎の抑えが弱いため、心に昇り、溜まり、騒いでたようです。

治療として、本治法の後、内関、然谷、鳩尾、膈兪、志室の灸。
てい鍼探索による、心窩部、左肩甲間部、左側胸部の圧痛点に、皮内鍼。

昨年も同じ事があり、心電図等、医師の診断を受け、何処も悪くないと言う診断を根拠にしていた。
皆さんはその都度チャンと診断を受けてからにしてくださいね。
[PR]
by somonasaka | 2006-04-04 09:43
<< 世界初 親子スキンタッチ法の全国大会 お米汁 >>



地に平和 祈りし人に 宿りたる 安を迎うる 心と身体                   勵 鍼               未年の男が鍼を持つ。どうなる事やら。          
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31