鍼を持った未

2004年 11月 26日 ( 1 )

だるま大使

昨日の午後6時過ぎ、「今晩わ~」と言う声。

「は~い。チョットお待ち下さい。」と軽やかに答える私。
治療中の患者さんに「ごめんなさい。チョットお待ち下さいね。」と言ってでてみると、そこには「だるま大使」をお持ちになった郵便屋さん。

このだるま大使群馬県高崎市のラーメンなのだ。(カップ麺は、関東限定販売だそうだ)
b0068965_174726100.jpg



b0068965_11202267.jpg













All About >> グルメ・クッキング >> ラーメン >> あなたの一票

http://allabout.co.jp/gourmet/ramen/poll/mpollresult.htm


の中の、「新横浜ラーメン博物館、入って欲しい店は?」で、堂々の第4位に食い込んでいる、ラーメン屋さんなのだ。(因みに我が備後地方を代表する朱華園は第2位、群馬に負けなくてよかった)

このラーメン、今私のはまっている、「sサイズの温泉卵」のお兄さんから送られてきたものなのだ。

早速、息子と食べてみた。

ここれは、まさしく九州ラーメン。それも脂ギトギト。佐世保のお富さんか、博多の屋台か、何処かで食べた味だ。

家内は、スープ飲んだ(舐めた)だけで、ギブアップ。
息子は、数時間、胃がもたれる~(おまえは脾虚の寒証か)。
私は、美味かった。もちろん4分待って完成したスープまで全部飲んだ(同じ脾虚でも、胃実)。

何で、上州高崎でこの味のラーメン屋さんが流行るのか。
そして何で、高崎のラーメンが、カップ麺となると、道産子になるんだ。

もしかして、sサイズのお兄さんも道産子。高崎と北海道は不思議な赤い絲でつながっているのか。

味は、気候風土そして文化で、地域性があると思っていたが、今の日本は、空調設備の充実?、流通の発達、そしてマスコミによる情報の氾濫。そして何より、自己決定権をなくした個人により画一的日本人が多くなってきたと言うことか。

追伸:sサイズのお兄さんが自己決定権をなくした画一的人間とは、決して思っていません。それどころか・・・・・・・・。
[PR]
by somonasaka | 2004-11-26 11:45 | 気まぐれ日記



地に平和 祈りし人に 宿りたる 安を迎うる 心と身体                   勵 鍼               未年の男が鍼を持つ。どうなる事やら。          
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30