鍼を持った未

カテゴリ:鍼灸( 8 )

福山市助成券

今福山市は、はり灸あんまマッサージの助成券を縮小廃止し、他の事業に移そうとしています。
検討委員会を設けて、市民の意見を聞いた上でとのこと。
この検討委員会は、関係団体の代表達15人で構成した。
その関係団体に我々は入っていないし、検討されていることすら知らされていない。

福祉とは、高度な知能を持った人間にしか出来ないことである。
自然の中は弱肉強食である。
弱い者に救いの手を伸ばすことなどあり得ない話しである。

老人福祉は消え去り、競馬は残るのである。
[PR]
by somonasaka | 2009-02-13 16:30 | 鍼灸

痺の病

ここ数日寒さとお天気の悪さで、痛みを訴える人が多いです。

急に痛くなったと言うより、何年来の痛みが増してきたとかの、慢性の痛みが多いようです。

筋肉や関節など運動器疾患の痛みは、東洋医学で痺証と言う分類法があります。
運動器疾患以外でも、リウマチや膠原病などもはいります。

体力の弱りがあるところに、風、寒、湿、熱などにやられると関節や筋肉に痺れや痛み、強ばりが出て来る。
これを「痺証」と呼びました。
『黄帝内経素問』痺論篇では「風寒湿の三気まじわり至り、合して痺となる」と書かれています。

この風寒湿の対策をすればいいわけです。

と簡単にいってもなかなか難しい。
特に湿が関わると何でもややこしくなる。

いやですね湿は。
[PR]
by somonasaka | 2009-01-24 09:42 | 鍼灸

信頼2

M先生は常に病態把握をしっかりしてそれに基付いた治療をされる。
そこから信用が生まれ、人柄が加わり信頼へと変わるようだ。

私なんか、信用はしているけど信頼していないとキツーーイお言葉をいただく。

一週間のお迎えもしなくてよい程良くなってきたヤッチャンの膝である。
[PR]
by somonasaka | 2008-11-15 15:05 | 鍼灸

信頼

重傷化していたヤッチャンの膝が転機を迎えたみたい。
蕁麻疹と共に膝の熱が取れた。
蕁麻疹が熱を持ち去ったのか。

信頼しているM先生の治療を受ける。

膝関節の間隙に沿って鍼をするという。
[PR]
by somonasaka | 2008-11-14 10:36 | 鍼灸

ヤッチャン重傷か

2週間ちょい前、ふれあい福祉祭りのボランティアに参加していたとき、歩いていてピリッと痛んだそうだ、膝が。
それから数時間で膝が痛み歩くのも困難な状態に。
一週間の鍼治療で殆どよくなり大阪へ。

その後が大変今まで徒手検査による所見らしいモノもろくになかったのが、今回は内側側副靱帯の所見がバッチリ。
体重付加で痛み。鍼しても灸してもなかなかよくならない。

今日なんか、蕁麻疹まで出てきたよ。
[PR]
by somonasaka | 2008-11-12 09:44 | 鍼灸

だるさ

頸椎症性の神経根症を疑う、腕のだるさを訴えている患者さん。心包経上にだるさを訴えているので、子午法を使い、反対側公孫の圧痛を確かめ切皮置鍼、少しは楽、ゲキ穴の地機に変えると、半分くらい楽になった。

患側の肩甲間部に強い圧痛があるので、側臥位で、肩甲間部を開き、浅い単刺を丁寧にした後、深谷式竹筒灸をした。

治療後から半日は楽だったが、今日は朝から辛い。「神経の根本がやられている神経痛ですから、チョット時間がかかりますよ。神経痛と言っても、痛みばかりじゃなく、だるさとしても現れることもありますよ。」と言っておいた。

だるさというのも、結構辛いものです。癇癪がでるような感じ。
[PR]
by somonasaka | 2005-02-02 14:53 | 鍼灸

語り合おうよ鍼灸を!

鍼師tetsuさんが管理している、「鍼灸フォーラム」一度覗いてみてください。
http://hari.dip.jp/fo/?
そして、どんどん投稿してください。

昔の鍼灸師会は、よく飲み会などもあり、けんけんガクガク無礼講も混ざりよく語り合いました。

「今は、飲みながら話なんぞ出来るか。」という時代。

じゃあ、酒抜きで話をするかといえば、これも話が出来ない。

そこで最後の手段、ネット上で話をしましょ。

いい話がどんどん出てくることを期待して。
[PR]
by somonasaka | 2004-12-03 17:14 | 鍼灸

まじめに勉強

この前の日曜日は、岡山まで、越境勉強会に出かけました。

もちろん妻と同伴(家は、人も羨むオシドリ夫婦)。

岡山県とは、スキンタッチで縁が出来、甘えさせていただいている。

私、どこに行っても、甘え放し。

岡山県鍼灸師会の専門領域研修「婦人科疾患」の研修会で、筑波技術短期大学教授形井秀一先生の「不妊症」「妊娠中の腰痛」の講義を受けた。

形井先生は、昨年福山で行われた、第31回日本伝統鍼灸学会広島大会で、大変お世話になったのだ。

私はその時、運営委員長と事務局という立場で、シンポジウムの司会を先生にお願いした。

このシンポジウム、実は過去色々あった組み合わせをシンポジストに選んでしまい、先生には大変心労をおかけしたのだった。

幸いにも、シンポジストの先生も、人間的に優れた人ばかりで、事なき終えたのだが、この色々をあとから聞いたときには、血の気がひいたものだった。

もう、こんりんざい、運営委員長だ事務局だなど、やりたくね~~~~~~。

という、形井先生に、一年振りにあった。

大きなお土産。築賓穴と腰痛。(日本経絡学会誌第26号P67~「築賓穴で効果のあった腰痛症」茨城 形井秀一 参照)
[PR]
by somonasaka | 2004-12-01 18:52 | 鍼灸



地に平和 祈りし人に 宿りたる 安を迎うる 心と身体                   勵 鍼               未年の男が鍼を持つ。どうなる事やら。          
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30