鍼を持った未

寒い

桜咲くのに寒い
花冷え
まだまだタイツがはなせません。
この冬はタイツに救われました。
[PR]
# by somonasaka | 2009-03-28 18:51 | 気まぐれ日記

福山市助成券

今福山市は、はり灸あんまマッサージの助成券を縮小廃止し、他の事業に移そうとしています。
検討委員会を設けて、市民の意見を聞いた上でとのこと。
この検討委員会は、関係団体の代表達15人で構成した。
その関係団体に我々は入っていないし、検討されていることすら知らされていない。

福祉とは、高度な知能を持った人間にしか出来ないことである。
自然の中は弱肉強食である。
弱い者に救いの手を伸ばすことなどあり得ない話しである。

老人福祉は消え去り、競馬は残るのである。
[PR]
# by somonasaka | 2009-02-13 16:30 | 鍼灸

痺の病

ここ数日寒さとお天気の悪さで、痛みを訴える人が多いです。

急に痛くなったと言うより、何年来の痛みが増してきたとかの、慢性の痛みが多いようです。

筋肉や関節など運動器疾患の痛みは、東洋医学で痺証と言う分類法があります。
運動器疾患以外でも、リウマチや膠原病などもはいります。

体力の弱りがあるところに、風、寒、湿、熱などにやられると関節や筋肉に痺れや痛み、強ばりが出て来る。
これを「痺証」と呼びました。
『黄帝内経素問』痺論篇では「風寒湿の三気まじわり至り、合して痺となる」と書かれています。

この風寒湿の対策をすればいいわけです。

と簡単にいってもなかなか難しい。
特に湿が関わると何でもややこしくなる。

いやですね湿は。
[PR]
# by somonasaka | 2009-01-24 09:42 | 鍼灸

霙から雪

昼にポツポツ、今サーーー。
昼の雨が今霙。
かなり白の割合が増えてきた。

この時期四国沖に低気圧が発生したり通過することは珍しい。
春先の天気だ。

春先だとこのあと移動性の高気圧に覆われるが、今の時期はこのまま西高東低に変わるらしい。
つまり明日から北西の季節風に合い寒ーーーい日が続くらしい。
[PR]
# by somonasaka | 2009-01-21 16:51

今日は大寒

日曜の雨で日陰以外の雪はほぼ溶けてしまったが、今日は大寒。
一年で一番寒い日。
明日から暖かくなるぞ。
[PR]
# by somonasaka | 2009-01-20 17:03

牡蠣

昨日は鍼灸師会で牡蠣パーティーをした。

今年の牡蠣は小粒と言われながらもしっかりプリプリ。

殻を炭火で焼きハーフー、ハーフーと言いながら食べる。タマらん。

お酒も、瑞冠、千福、加茂鶴。

ご飯は羽釜で薪炊き。
ついでに羽釜で豚汁だ。
[PR]
# by somonasaka | 2009-01-19 10:34

穴掘り

この春に植えたしだれ桜一対。
四十年近くしていなかったお爺さんお婆さん勲叔父さん萬千子叔母さんの記念式を記念して植えた。

なんとしても立派に育てなくては。

廻りを掘って掘って堆肥を入れる。
掘り出したら、梅もサクランボも堆肥がほしいと言っている。

頑張って五本分掘った。疲れた。堆肥はまた。今は掘ったまま。
[PR]
# by somonasaka | 2008-12-16 16:31 | 気まぐれ日記

凍み大根

土曜日は、畑にある大根を取り入れた。土寄せが足らなく首が出ていたのを引っこ抜いて、菰をかけていた。降りしきる雪の中での作業である。

天気予報は当たる庄原で最低気温が-7度。上下はもう少し寒い。
朝大根を洗おうとすると、凍みていた。

こりゃあダメだと、捨てようとするとヤッチャンがもったいないからどうにかしようよと言うから思い直して、酢漬けと切り干し大根にした。
さて、どうなる事やら。

ところで、手負のヤッチャンの膝は一ヶ月ちょっとでだいぶ良くなった。
土曜日はマンドリンの練習にも行った。
[PR]
# by somonasaka | 2008-12-08 09:54 | 気まぐれ日記

白菜

この月曜日に広島の姉と姪が来て、白菜を取り入れてくれた。
100を超えるほどあった。
夏に患者さんがわざわざ苗床様の土とポットをくださったので、今年は苗を作ってみた。
品種は野崎二号とても柔らかい白菜なので、長持ちしない。
あと畑に、無双と晩輝と言うのが14~5残っている。
晩輝は冬を畑で越さすために植えている。
[PR]
# by somonasaka | 2008-12-03 10:17 | 気まぐれ日記

佐世保

佐世保行ってきました。
ヤッチャンの膝心配して、駅の移動は車椅子にしました。
福山駅に福塩線到着時間と新幹線出発時間をFAXで送り福塩線のホームまで迎えに来てもらいました。

そして、新幹線の時刻まで待合所でそのまま車椅子で待ち、時間が来ると新幹線の号車まで連れて行ってくれました。

博多駅には連絡しておきますからと、にこやかに送り出してくれました。

車内でも、車掌さんが、何かあったらおっしゃって下さいと言われました。

博多駅に着くと、ドアの向こうに待っていて下さり、A君の奥さんが待つ車待ちまで連れて行ってくれました。

なんと親切なJR。
[PR]
# by somonasaka | 2008-11-25 16:46 | 気まぐれ日記



地に平和 祈りし人に 宿りたる 安を迎うる 心と身体                   勵 鍼               未年の男が鍼を持つ。どうなる事やら。          
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30